Pirika Records Pirika Records
from South HOKKAIDO
北海道・道南発のレーベル
Pirika Recordsの公式HPです。

ストレイト・アウタ・マイルーム

わが心の出雲
作詞・作曲・編曲/竹中越前守樫家
あれは2016年2月のこと
ふと思い立った企画のもと
北海道からはるばる ようやく
今たどり着いた出雲に到着
周りを山に囲まれた空港
神代の古代を空想
市内に向かうシャトルバスから見える
民家の瓦屋根が道民には珍しい絵図だし
あちこちにある銅鐸のレプリカ
田んぼ道も見ていた寝ずにな
やがて辿り着いた出雲駅
大社の屋根を象った駅舎がお出迎えし
目と鼻の先のホテルに荷物置き周囲を散策 なんでも観察
そして気付いた道路にゴミひとつ落ちていない奇跡
この土地の人たちが作り上げた軌跡

遥かなる神話の国
聞こえる神々の息吹
神々の息づく山と海
そこにあるいつも 誇りある出雲

翌朝早くからバスに乗り
霞み多い幻想的な風景抜け
やって来たのは出雲大社
広大な敷地に圧倒される
おみくじで真っ白になった木の幹や葉
巨大な本殿 しめ縄
なにもかもが圧倒的スケールで
古代人のロマンに想い向けるぜ
すぐ隣にある古代出雲博物館
古代の大社の模型天高くそびえる
まさに天国への階段 驚かされる再三
圧巻は荒神谷遺跡から出土した銅剣その数358本
これだけでそれまでの全国の総数をはるかに上回る
これは一体何を物語る?
黄金色に輝く銅剣まるでエクスカリバーやラグナログ
人類が積み重ねてきたリアルなログ

遥かなる神話の国
聞こえる神々の息吹
神々の息づく山と海
そこにあるいつも 誇りある出雲

さらば出雲 もう行かねばならない
夢のような時間ははかない
また必ず来たいと思い乗る機体
この体験は大事にしたい
幽世(かくりよ)治めたる大国主
遠くに住みてもわかるそのしるし
天の下造らしし偉大なる大神
永久にあれ出雲 厳かに

――――――――

竹中が2016年の2月に出雲旅行に出たときのことを歌った内容になっている。
竹中はこの旅行以来すっかり出雲フリークになり、関連書籍を読みあさった。今後小説の方にその影響が出るかもしれないという。
サウンドとしては竹中の崇敬する姫神の影響が随所に見られ、アルバムの中では特殊な存在感をかもしだしている。
間奏で聞こえる白鳥の声は竹中の地元の大沼湖で録られたもので、島根県の県鳥が白鳥であることから収録した。