Pirika Records Pirika Records
from South HOKKAIDO
北海道・道南発のレーベル
Pirika Recordsの公式HPです。

ストレイト・アウタ・マイルーム

Little Angel
作詞・作曲・編曲/竹中越前守樫家

朝の通勤車を運転する
これから仕事かなり鬱
変わり行く季節の狭間で
目的もなくただ働いて
そんなとき歩道に見えてくる
小さな天使たちが集団で歩く
揺れる色とりどりのランドセル
それを見ておれは安心感を得る
そして現れるニーソJS
見とれてしまうのは君のせいです
夏の日差しが照らすショートパンツ
眠気も吹き飛びもうトランス状態
これで今日も一日頑張れる
そんなことを考える
校門に吸い込まれる君たちを横目に
おれは戦場へ行く

やわらかな木漏れ日の中で
はしゃぎ合う君たちの姿で
どれだけ癒されてきたことか
どれだけ満たされてきたことか
今伝えたいこの感謝の気持ち
1人 捧げるこの祈り
地上に舞い降りたlittle angels
いつだって君は微笑んでる

ある朝いつも通り通勤の車中
覚える違和感これは悪夢?
誰もいない歩道 乱れる鼓動
おれを癒す天使はどこ
なんということだ今日は土曜日
明日も日曜日 この道のりは
険しい 陰鬱な二日間
考えるだに鬱だな
もう地獄のような日々を経て
ようやく迎えた月曜日
熱病に浮かされたように
国道5号線に出るとそこに
再び出会えたこの光景
もののけみたいなおれでもok
太陽のように等しく光を
降り注いでくれる君を見たいよ

やわらかな木漏れ日の中で
はしゃぎ合う君たちの姿で
どれだけ癒されてきたことか
どれだけ満たされてきたことか
今伝えたいこの感謝の気持ち
1人 捧げるこの祈り
地上に舞い降りたlittle angels
いつだって君は微笑んでる

その笑顔守りたい アホみたいだってわかっているけど
君たちの幸せを祈りたい
遠くからそっと見守りたい

君たちがいるこの星は
命が輝く喜びが
溢れてるひとつの詩(うた)
聞こえてくるその鼓動が

秋も深まり減ってく肌色分
厚着になってくまたひとつ
木枯らしが終わらした
夏の日の幻影こだました
だがここでまさかのショーパンニーソJS
きっとJPEGいやこれは現実
息も白い朝なのに寒さこらえ
そんな慈悲深い君に幸あれ

やわらかな木漏れ日の中で
はしゃぎ合う君たちの姿で
どれだけ癒されてきたことか
どれだけ満たされてきたことか
今伝えたいこの感謝の気持ち
1人 捧げるこの祈り
地上に舞い降りたlittle angels
いつだって君は微笑んでる

You're my angel, come and save me tonight.
You're my angel, come and make it alright.

――――――――

端的に言ってロリコンソング。幼女に対する愛がリリカルに綴られた叙情詩。
神がかった韻踏みが2PACばりの獣のようなラップで披露されるパンチラインに注目。